腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

ゴルフ肘・野球肘(上腕骨内側上顆炎)

0
    JUGEMテーマ:ゴルフ


    2009年シーズンは石川遼選手の史上最年少賞金王と、横峯さくら選手の大逆転賞金女王で幕を閉じたゴルフ

    ゴルフへの関心は増すばかり。



    今回は一般的にはゴルフ肘と言われている"上腕骨内側上顆炎"です。

    ゴルフ肘肘の内側の痛みを指す事が多いのですが、上腕骨外側上顆に痛みを抱えてしまう場合も多くあります。

    これは肘の使い方や肘への負担のかかり方によって場所も変わるからです。

    ゴルフ肘以外にも、テニス肘野球肘リトルリーガー肘などとも呼ばれ、多くのスポーツで起こり得ます。


    ですので今回はいくつかの競技での一例を紹介しながら、

    "上腕骨内側上顆炎"としてお話をしたいと思います。



    解説

    上腕骨内側上顆炎は肘の小指側(内側)にある上腕骨内側上顆に付着する筋肉の腱障害です。

    上腕骨内側上顆には手首を曲げる手関節屈筋腱や、前腕を内側に捻る円回内筋腱が付着しており、これらの動きが過度に行われたり急激な負荷が加わる事で痛みが発生し始めます。

    雑巾を絞る動作肘の内側に痛みが出る場合は上腕骨内側上顆炎が疑われます。

    ゴルフ中に起こりやすい例としては、インパクト時に地面を叩いてしまった(ダフった)場合や、スイングのトップの時点でオーバースイングをしている場合などに過負荷がかかります。


    ゴルフに限らず、テニスにおいては"フォアハンドテニス肘"とも呼ばれており、フォアハンドで打つ際痛みが生じる場合は上腕骨内側上顆炎を疑います。

    これは、ラケットのスウィートポイントでしっかりとボールを捉えられて打つ事が出来ない初心者〜中級者の選手や、トップスピンを多用する上級者の選手などに多くみられます。


    野球ややり投げの選手などでは、手首のスナップを利かせる際に過負荷がかかり痛みが生じます。

    投球動作で身体の開きが早い場合ににかかる抵抗力は増し痛みを出すきっかけになり得ます。


    水泳を行っている人も起こるリスクは高い障害です。

    プル動作(水をかいて手前に引く)時では、手首は屈曲した状態で水の抵抗力がかかります。

    これを繰り返し行っていると負荷がかかり過ぎて痛みを引き起こす可能性があります。


     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    • 手関節屈筋群円回内筋のオーバーユース
    • 手関節伸筋群や回外筋の筋力低下
    • 手関節・関節・肩関節などの可動性低下
    • 上肢の筋肉に関わる頸椎・胸椎などの可動性低下
    • 動作・フォームの乱れ
    • 使用する道具が合っていない・調整不足
    • まだ初心者で技術が伴っていない

    などが影響し、解説で述べた負荷がかかる事で、上腕骨内側上顆炎は発症します。


     
    ゴルフ肘・野球肘(上腕骨内側上顆炎)の好発年齢

    特に好発年齢はなく、思春期の選手から年配の選手まで幅広くみられます。

     
    ゴルフ肘・野球肘(上腕骨内側上顆炎)を起こしやすいスポーツ
     
    • ゴルフ
    • テニス
    • 野球
    • やり投げ
    • アメリカンフットボール
    • 水泳
    • バドミントン
    • 剣道
    • 卓球
    など

    手首を掌側に過剰に曲げたり前腕を捻ったりするような動きをする競技の選手に多くみられる障害です。


     
    セルフケア

    運動後痛みが強い場合はアイシングを行いましょう。

    手関節屈筋群円回内筋オーバーユースを起こしているのでストレッチを施して柔軟性を高め、拮抗筋である手関節伸筋群回外筋上腕二頭筋などの筋力トレーニングなども効果的です。

    にサポーターやテーピングを着用するのも効果的ですが、手首をサポートしてあげるのも重要ですのでお忘れなく。


    解説で述べた例はいずれも競技を行う動作・フォームの乱れが大きく作用します。

    この機会に今一度、コーチやトレーナーの指導のもとにフォームの修正など行うのもいいでしょう。

     
    カイロプラクティックによる施術

    まずは手関節・肘関節可動域を確認し、手関節屈筋群円回内筋、拮抗筋である手関節伸筋群回外筋上腕二頭筋の状態をチェックします。

    これらが上手く連動していないと痛みを引き起こしますので、ストレッチや緩和操作を行い筋肉にかかる過負荷を取り除きます。

    必要に応じてテーピングなども用いて筋肉が正常に機能するようにサポートします。

    手関節と肘関節を構成する細かい骨の動きの可動性が低下していれば矯正を施します。

    さらに、動作・フォームの乱れ手首に限らず、肩関節や脊柱(背骨)・骨盤・股関節・下肢の問題が関わってくる事が多いので、身体を上手く使って動けるように全身をチェックしていきます。

    痛みがある場所だけをみていくのではなく、身体全体のバランスを整えていく事で競技パフォーマンスの向上にもつながり、"スコア更新"や"タイム更新""飛距離UP""球威・球速の向上"などのお手伝いも不可能ではありません。




    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 関節の痛み(肘の痛み) ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||