腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

0
    前回はゴルフ肘として"上腕骨内側上顆炎"をご紹介しましたので、今回はテニス肘として"上腕骨外側上顆炎"のお話をしようと思います。


    上腕骨外側上顆炎上腕骨内側上顆炎と同様にどんなスポーツでも起こる可能性がある障害です。


    肘の外側に負荷がかかるような動作・状態を繰り返す事で痛み始めます。


    今回もそれぞれのスポーツの動作に注目しながらお話を進めて行きましょう。


    上腕骨内側上顆炎



    解説

    上腕骨外側上顆炎の親指側(外側)にある上腕骨外側上顆に付着する筋肉の腱障害です。

    上腕骨外側上顆には手首を手の甲側へ曲げる(背屈させる)手関節伸筋腱回外筋が付着しており、背屈で維持し続けたり繰り返し行う事で過負荷がかかり痛みが発生してきます。

    雑巾を絞る動作肘の外側痛みが出る場合は上腕骨外側上顆炎が疑われます。


    テニスにおいては、上腕骨内側上顆炎が"フォアハンドテニス肘"と呼ばれているのに対し、上腕骨外側上顆炎では"バックハンドテニス肘"と呼ばれています。

    手の甲から打ちに行くので、ボールのインパクト時に手首が負けないように手関節伸筋群が踏ん張ります。

    上手くスウィートポイントでボールを捉えられないとその衝撃は強くなり痛みを引き起こします。

    初心者週末のみプレーする選手に多くみられがちです。


    バドミントンスカッシュなどのラケットを用いたスポーツでも同様です。



    ゴルフ上腕骨内側上顆炎と同様に、ダフった時などの衝撃が加わると痛みが生じます。

    きれいなスイングが出来ていないと生じやすいです。



    ボート競技でオールを引く動きなどで起こる事も考えられます。

    ボートの推進力は基本的に脚力ですが、オールを引く際に手首や腕の力に頼ってしまうと負荷がかかり過ぎてしまいます。



    また、車椅子での競技を行っている方も起こりやすい障害です。

    車椅子に乗って前に進む動作を繰り返す事で手関節伸筋群オーバーユースが生じる可能性があります。



     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    • 手関節伸筋群や回外筋のオーバーユース
    • 手関節屈筋群や回内筋群の筋力低下
    • 手関節・関節・肩関節などの可動性低下
    • 上肢の筋肉に関わる頚椎・胸椎の可動性低下および機能低下
    • 動作・フォームの乱れ
    • 使用する道具が合っていない・調整不足
    • まだ初心者で技術が伴っていない

    などが原因で痛みが発生します。

     
    テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の好発年齢

    テニスにおける好発年齢は比較的高く、30歳代後半以降の選手が多いです。

    また、30歳以降にテニスを始めた方が上腕骨外側上顆炎を発症する割合は非常に高く85%以上と言われています。


     
    テニス肘(上腕骨外側上顆炎)を起こしやすいスポーツ
     
    • テニス
    • ゴルフ
    • バドミントン
    • スカッシュ
    • ボート競技(ローイング・漕艇・端艇・競漕・スウィープ・スカル・レガッタ)
    • 障害者スポーツ(車椅子)

    などの手首を甲側へ倒す動作(背屈)前腕を親指方向へ捻る動き(回外)を多く行ったり、それを長時間持続させるような動作が多いスポーツが上腕骨外側上顆炎を引き起こします。

     
    セルフケア

    上腕骨内側上顆炎と同様に、運動後の痛みが強い場合はアイシングを行います。

    手関節伸筋群や回外筋、それと拮抗し合う手関節屈筋群や回内筋群ストレッチ筋力UPも行い、腕の筋肉のバランスを整えましょう。

    必要であればや手首にサポーターまたはテーピングを施し、外側にかかる過負荷を最小限に抑えます。

    動作やフォームの乱れを修正し、ラケットなどの道具が合っているか・ガットのテンションなどを確認する事も重要です。

     
    カイロプラクティックによる施術

    まず、上腕骨外側上顆炎に対しては以下の部位を考慮に入れて施術をしていきます。
     
    これらの筋緊張・筋力低下・関節可動域の低下などを改善させて行く為、関節に対しては矯正筋肉に対しては緩和操作やストレッチを行います。

    これだけでも症状に変化・改善は見込めますが、
     
    • 関節
    • 背骨(脊柱)全体
    • 骨盤
    • 関節
    • 関節
    • 関節(足首)

    などに問題があると、踏ん張りが効かなかったり身体を無意識にかばってしまっていたりする事があるので、しっかりチェックしてスポーツをしやすい身体作りをお手伝いしていきます。


    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 関節の痛み(肘の痛み) ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||