腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

肩インピンジメント症候群

0

    今回は野球肩です。


    野球肩と言っても、野球肩という名称は総称です。


    野球肩どこどこの痛み


    と決まっているわけではありません。



    今回はその中でも"インピンジメント症候群"をピックアップしたいと思います。
     



    解説

    インピンジメントとは日本語に訳すと「挟み込み」という意味です。

    つまり、関節で何かが挟み込まれたような状態になり痛みが生じる障害です。

    では何が挟み込まれたような状態にしてしまうのでしょうか。


    大きく関わってくるのは上腕骨頭回旋腱板(ローテーターカフ)です。

    ボールを投げる・ラケットで打つ・スパイクを打つなど、90度以上横に上げた(外転)状態から腕を後方から前方にひねる(外旋から内旋)動作を繰り返すことで、上腕骨頭が前方に押し出され、烏口肩峰靭帯・峰・烏口突起で形成される鳥口峰ア−チなどとぶつかり合います

    その結果、峰下滑液包や上腕二頭筋腱の炎症や棘上筋の損傷などの回旋腱板の炎症・損傷・断裂を生み、痛みが生じます。

    重篤な場合、回旋腱板にまで障害が及ぶと夜間痛が生じる場合もあります。


    インピンジメント症候群も総称であり、痛みの場所を特定するものではありません。


    では、もう少し動作に注目してみてみましょう。

    まずは野球やり投げなど投擲種目の投球時を考えてみましょう。

    投球動作は主に5期に分けられます。
    1. ワインドアップ期
    2. コッキング期
    3. 加速期
    4. 減速期
    5. フォロースルー期

    上記で述べた"関節90度外転+外旋から内旋"の状態になるのは加速期です。

    これをバレーボールに置き換えても言える事です。

    上記の減速期に相当するのがインパクト期、つまりアタックする瞬間を指します。

    インパクトに持っていく前、やはり加速期が一番過負荷がかかる状態になります。

    その他ラケットを使用するスポーツ(テニスバドミントンなど)で、頭上でラケットを降る動作(オーバーヘッドアクション)が特にインピンジメント症候群を起こしやすいポジションとなります。

     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    • 投げ込み・打ち込み
    • 運動量の急激な増加
    • 慢性的な筋疲労によるオーバーユース
    • 投球フォーム・スイングの乱れ・癖
    • コンディション不良

    基本的にはその運動で負荷をかけ過ぎてしまう事でインピンジメント症候群が生じます。

    投球時癖があったり軸がブレてしまうなどの問題は要注意です。

     
    インピンジメント症候群の好発年齢

    比較的若年層に多く、高校生から大学生くらいの選手にみられる障害です。

    技術的にまだ未熟な選手は要注意です。

    また、キャリアが長く競技レベルの高いベテラン選手にも多くみられます。

     
    インピンジメント症候群を起こしやすいスポーツ
     
    • 野球
    • 陸上(投擲種目)
    • バレーボール
    • テニス
    • バドミントン
    • 水泳
    • ゴルフ
    • ウエイトリフティング
    • 車椅子スポーツ

    など、オーバーヘッドアクションが多いスポーツ反復的にに負荷がかかるスポーツに多い障害です。

     
    セルフケア

    運動前後のウォーミングアップ・クールダウン(ストレッチなど)をしっかり行い、痛みが強い場合や熱感がある場合はアイシングを行って下さい。

    運動前に筋肉への血流促進・筋緊張緩和の為に温めるのも効果的です。

    痛みで動作が取れない場合は、チューブトレーニングを用いて関節の可動域や筋肉の安定化を目指し、比較的負荷の少ない下投げ⇒立て膝投げ⇒シャドーピッチングと徐々に負荷を上げて通常の動作に戻していきましょう。

     
    カイロプラクティックによる施術

    解説の所で大きく関わってくると述べた上腕骨頭の動き回旋腱板に着目します。

    上腕骨頭が形成する関節は甲上腕関節(肩関節)です。

    上腕骨と甲骨の動き・状態をチェックし、上腕骨頭が安定した動きが出来るように矯正していきます。

    回旋腱板に関しては、回旋腱板を構成する4つの筋肉(棘上筋・棘下筋・肩甲下筋・小円筋)の硬さ・筋力・張力を評価し、筋肉そのものにかかる負荷を取り除いていきます。

    さらに、筋肉・関節を動かす重要な働きをする神経系へのアプローチも欠かす事が出来ないポイントであり、投球フォーム・スイングの乱れが生じる(または生じている)可能性があります。

    脊柱(背骨)骨盤への矯正を行う事で神経的な働きも整え全体的にスムーズな動きを得られるように施術していきます。



    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 関節の痛み(肩の痛み) ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||