腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

急性期の応急処置"PRICES"

0



    今までスポーツ障害をご紹介してきましたが、今回は怪我をした時の対処法についてです。

    一言で怪我と言っても、骨折、脱臼、打撲、捻挫炎症、腫れ、擦傷、突き指、筋挫傷肉離れ、腱断裂、靭帯損傷・・・などなど色々です。

    怪我の程度によっては自分でどうにかなる場合から、医療機関へ緊急搬送し手当て若しくは緊急手術などが必要になってくる場合もあります。

    筋肉靭帯関節包などの軟部組織に関わる痛み・腫れ・熱感を伴う疾患(捻挫・打撲・突き指など)に対して怪我の受傷直後に行う事で治癒が早まり、競技復帰を早める為の対処法が"PRICES"と呼ばれる処置法です。



    解説

    PRICES処置は、
    • 腫れ・炎症を抑える
    • 症状慢性化・長期化を防ぐ
    • 早期の競技復帰を目指す

    を目的として行います。

    何かしらの外力(ぶつける・転ぶ・伸ばす・捻るなど)によって軟部組織内の毛細血管が損傷し、内出血を起こし、炎症が生じます。

    これにより血液や炎症性物質が患部に溜まり腫張(腫れ)します。

    この状態からいち早く脱する為PRICES処置を行うのです。

    PRICES処置は6つの処置から成り立っており、

    "P" 保護 (Protect)

    "R" 安静 (Rest)

    "I" 冷却 (Ice)

    "C" 圧迫 (Compression)

    "E" 挙上 (Elevation)

    "S" 安定・固定 (Stabilization/Support)


    これらの頭文字を使ってPRICES処置と呼ばれています。

    部位・症状にもよりますが、PRICES処置を15〜20分くらい行い、40~60分程度インターバルを置いて再度PRICES処置を行います。

    受傷後24時間〜72時間の間はこの繰り返しを行う必要があります。

    以前までは"RICE"の4つが一般的でしたが、近年では"P"と"S"が追加され、この6つが基本になってきました。


     
    • まずは安全な場所へ移動する
    • 移動の際も十分注意を払いながら

    まずは怪我人の保護、受傷部位の保護を行います。

    スポーツの最中であればその場にいては危険です。

    速やかにグラウンド・コートの外へ出て安全な場所へ移動しましょう。

    また移動は十分に注意を払い、怪我を悪化させないようにする事も重要です。




     
    • まず安静に
    • 楽な体勢になる
    • おとなしく

    運動をしている際に受傷した場合、即刻運動を中止し安静にして下さい。

    損傷部位に負荷のかからない体位になって下さい。

    『走らないから・・・』

    『手は使わないから・・・』

    など怪我した部位とは関係ない部位であっても体内の循環は良くなってしまいます。

    動きたい気持ちは抑え、とにかく安静にし動かないようにしましょう。


     
    • 患部の温度低下・血流の減少・代謝低下・疼痛の緩和が目的
    • 疼痛や筋緊張の緩和にも効果的
    • 内出血や炎症を抑える
    • 氷やジェル状のパックを使ってしっかり冷やす
    • 冷水を入れたバケツでもOK
    • 目安は15〜20分を1セット
    • 30分以上連続して冷やさない
    • 感覚が麻痺したら一度やめる
    • 受傷後24〜48時間は続けて行う
    • 凍傷に注意

    内出血を起こしているので、血流を減少させる為に冷やします。

    患部の代謝を低下させる事で炎症を抑える事も出来ます。

    血管は温まると拡張してしまうので、動いてしまうと血流は増加します。

    患部をアイシングし、血管を収縮させて血流を減少させましょう。

    アイシングには氷やジェル状のパックなどを用います。

    冷水を入れたバケツを用いるのもOKです。

    ただし、患部をしっかり冷やすという観点から考えると、冷湿布やコールドスプレーなどはあまりオススメ出来ません。

    アイシングは15〜20分を目安にし、凍傷のリスクを避けるため30分以上は行わないようにしましょう。

    感覚が麻痺した場合は一度アイシングをストップして下さい。

    15〜20分行った後または感覚が麻痺した後は、しばらく間を空けて再びアイシングを行い、これを繰り返します。

    急性期は24〜48時間は冷却させる必要があります。

    このサイクルを続ける事で冷却させる本来の目的が果たされます。

    アイシングを行ったとしても少しだけ行った程度だと、逆に血行が良くなり症状が悪化する恐れもあるのでしっかり行いましょう。


     
    • 血腫の形成を抑える
    • 包帯やテーピングを使用する
    • うっ血・循環不全に注意

    伸縮性のある包帯やテーピングなどを用いて患部を圧迫します。

    圧迫し出血を減少させる事で内出血によって起こる血腫の形成を抑えます。

    テーピングを使用する場合はアンダーラップやパットで患部を保護します。

    圧迫する際は末梢から巻き始めるとうっ血を防ぐ事が出来ます。

    必要以上の圧迫は循環不全を引き起こすので、圧迫後は末梢の血流の確認や痺れなどを確認しましょう。


     
    • 内出血の軽減を促す
    • 患部を心臓よりも高い位置

    患部が心臓よりも下にあると血流が良くなり内出血が進みます

    これを防ぐ為、患部をなるべく心臓よりも高い位置で保ちます。

    受傷部位が上肢であれば三角巾や布・タオルなどで腕を吊って心臓より高く保ち、下肢であれば横になり椅子やクッションなどで持ち上げると楽な姿勢で保てます。


     
    • 痛み・腫張・炎症の抑制
    • 筋肉再生の初期段階において有効
    • 骨折の場合は不可欠

    患部を固定し安定に保つ事は、筋肉が再生する初期段階においては効果的です。

    また、骨折している場合には不可欠な要素です。

    軟部組織の重度損傷の場合は、最長でも48時間の固定痛みと腫張・炎症の抑制に有効とされています。

    クッションやバッグなどを使って患部を支え、安定して楽な姿勢を作れるようにしましょう。

    必要に応じて下肢であれば松葉杖やギブスを、上肢であれば三角巾やタオルなどを用いて患部を動かさないようにします。

    しかし、長期の固定は筋力低下や関節可動域の減少などが起こる可能性が高くなるので注意が必要です。




    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 応急処置・各種療法 ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||