腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

オスグッド・シュラッター病

0
    JUGEMテーマ:心、体、そして魂。



    私は小学校の頃からサッカーをしてました。

    中学生の時、痛みが出だしました。

    整形外科に行くと、

    オスグッド・シュラッター病だね。いわゆる成長痛だよ。安静が第一!どうしてもサッカーやりたければこれを使いなさい。』

    とスポンジが付いた青いベルトを渡され、それを膝下に巻いてサッカーを続けてました。

    他の同級生は、あまりの痛みからサッカー継続が困難になり途中で退部した人もいました。

    泣きながら退部して行った彼の気持ちを思うと残念でありませんでした。



    今こうして考えると、彼はしっかりとした処置を行っていればサッカーをやめなくて済んだかもしれません・・・。



    ではどういった処置を行っていけばいいのでしょうか。



    解説

    オスグッド・シュラッター病は、のお皿(蓋骨)の下にある少し出っ張った付近(脛骨粗面)に痛みが発生します。

    これは小学生高学年〜中学生(いわゆる成長期)に、過度な運動を行っている子や、急に背が伸びた子に多く発症します。

    を伸ばす運動は骨盤から出ている大腿四頭筋蓋骨蓋靱帯脛骨粗面と力が伝わっていきます。

    成長期を使う過度な運動を行うと、大腿四頭筋に過負荷がかかり、脛骨粗面は引っ張られます。

    それによって、成長段階である脛骨粗面の軟骨が膨隆や遊離してしまい痛みが生じます。


    痛み運動時に強く感じられ、痛みの為運動能力は低下してしまいます。




    上記が一連の流れですが、簡単に言ってしまえば、

    成長期の骨の成長のスピードに筋肉が追いつかず、軟骨が引っ張られ、炎症を起こし、腫れてしまう』

    といった感じでしょうか。



     
    ジャンパー膝

    同じ痛みでも、ジャンパー膝(ジャンパーズニー)は異なる障害です。

    ジャンパー膝成長期以降に起こる障害で、オスグッド・シュラッター病より年齢層は高くなります。

    大腿四頭筋のオーバーユースによってのお皿(蓋骨)と脛骨粗面を結ぶ蓋靱帯が引っ張られ、炎症を起こし、蓋骨のすぐ下(すぐ上の場合もあり)に痛みを出すのがジャンパー膝の特徴です。


    ⇒ ジャンパー膝(ジャンパーズニー)

     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    • 成長期の過度な運動
    • 大腿四頭筋の柔軟性低下
    • ウォーミングアップ・クールダウン不足
    • 腰部・骨盤・股関節などのゆがみからくる筋肉への過負荷

    など
     

    オスグッド・シュラッター病を起こしやすいスポーツ

    ジャンプダッシュを多く行う競技を行っている選手に多くみられます。

    その中でも、
     
    • サッカー
    • バスケットボール
    • 陸上競技
    • バレーボール

    などを行っている選手に多いです。


     
    セルフケア

    炎症部に負荷をかけないようにする為、安静にするのが第一です。

    しかし、頑張り盛りの子供たちはそれを受け入れ難いものでしょう。

    しっかりと大腿部のストレッチを行い、大腿四頭筋柔軟性を保つ事が重要です。

    大腿四頭筋のストレッチ

    運動前後はしっかりとウォーミングアップ&クールダウンを行いましょう。

    運動後にアイシングを施すのも効果的です。

    アイシングの方法

    膝蓋靱帯に掛かる過負荷を和らげるサポーターやテーピングを巻きながら運動するのも良いでしょう。

    ただし、一度専門家に診てもらい、状態を確認してから行う事をオススメします。


     
    カイロプラクティックによる施術

    今回のオスグッド・シュラッター病に関し、大きく問題になってくるのは大腿四頭筋です。

    カイロプラクティックを行う上で一番重要になってくるのは骨格の異常です。

    大腿四頭筋に大きく影響を及ぼす骨盤や股関節の骨格的異常(ゆがみ可動性の低下)を矯正して行く事により大腿四頭筋にかかる過負荷を取り除きます。

    また、大腿四頭筋に柔軟性を作っていくため、ストレッチや緩和操作を充分に施し、脛骨粗面に加わる牽引力を和らげます。

    さらにテーピングでの補強やストレッチのアドバイスを行い、いい状態をキープ出来るようセルフケアを促し、運動しながらでも痛みを軽減していけるようお手伝いします。





    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 関節の痛み(膝の痛み) ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||