腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

アキレス腱断裂

0



    今回はアキレス腱断裂です。

    つい最近ですが、サッカーイングランド代表で世界的にもかなり有名なデイヴィッド・ベッカム選手が試合中にアキレス腱断裂させてしまい、来る2010年ワールドカップ南アフリカ大会への出場が困難な状態になってしまいました。



    映像で見ると接触プレーはなく、ボールを左足でトラップしターン

    右足⇒左足と順に接地した瞬間、グッと伸びている感じが見てとれます。

    さらにその状態からパスを出すため、再度左足を踏み出そうとします

    この時に痛めてしまったのでしょう。

    ファンとしてはショックですが、もっとショックなのはベッカム選手ご本人。

    W杯は無理でも、ヨーロッパ選手権(EURO2012)に向けて頑張って欲しいものです。


    というわけで、今回はアキレス腱断裂をお話ししていきます。



    解説

    アキレス腱下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)を踵骨につなぐ役割を担うで、人体の中で最も太く強いであり、運動をする上で重要な役割を果たすです。

    足関節を足の裏側に曲げる動き(底屈)は下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)が働きます。

    膝を曲げた状態であればヒラメ筋のみが働き、膝が伸びた状態では腓腹筋・ヒラメ筋共に働きます。

    さらにその状態から足の甲側に曲げる動き(背屈)が強く加わると同時に、アキレス腱自体には伸張反射が加わり断裂してしまいます。

    つまり、ターンやジャンプ、ダッシュなどの際に腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱強く収縮している状態から負荷が加わる(伸張される)と、それに耐えきれずアキレス腱断裂してしまうのです。

    その際、大きな音何かに叩かれたような感覚を覚える事が多いのが特徴で、受傷直後はそれほど痛みを感じない事もあります。

    しかし、動いてみるとつま先立ちをする事が出来ず歩行困難になる事が多いので受傷直後に競技に復帰する事は困難です。


    受傷後はすぐに整形外科へ受診する事をオススメします。

    整形外科では保存療法手術療法のどちらかを選択していくと考えられます。

    トップレベルで行っている選手や、治癒までかかる時間、アキレス腱断裂の状態などを考慮して選択されます。

     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    アキレス腱は30歳を越えた辺りから変性を起こし始め、アキレス腱自体の強度は徐々に弱っていきます

    また、慢性的にアキレス腱下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)に張りを感じていたり、元々足首の捻挫などを起こしている場合は受傷する可能性が高いので要注意です。

     
    アキレス腱断裂の好発年齢

    30〜40歳代のアスリートに多く、男性の方が顕著にみられる障害です。

     
    アキレス腱断裂を起こしやすいスポーツ
     
    • サッカー・フットサル
    • バスケットボール
    • バレーボール
    • 剣道
    • 陸上競技
    • ダンス

    など


    アキレス腱は解説で述べた通り、運動する上で重要な役割を担っています。

    よって、多くのスポーツ障害を起こし得ると言えます。

     
    セルフケア

    受傷直後はPRICES処置を行って下さい。

    急性外傷時の鉄則です。

    ⇒ PRICES処置の方法

    PRICES処置を行ったのち、すぐに整形外科へ受診する事をオススメします。

    競技レベルのスポーツを行っている場合は手術を行う方が多いです。


    ご自身で予防する場合は下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)の柔軟性を付けておく事が大事です。

    運動前後にはしっかりストレッチを行いましょう。

    さらには拮抗筋である前脛骨筋へのケアも行うと効果的です。

    ⇒ 下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)ストレッチ

    ⇒ 前脛骨筋のストレッチ

    運動前にしっかりウォーミングアップを行い、アキレス腱に急な過負荷がかからないように注意しましょう。

     
    カイロプラクティックによる施術

    アキレス腱断裂してしまっている状態ではカイロプラクティックの施術を行っていく事が出来ません。

    リハビリテーションの段階から施術を行っていきます。

    受傷後は周辺組織が硬くなってしまうので下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)筋委縮を起こし、柔軟性は失われてしまいます。

    これにより関節にも影響を及ぼし、可動制限(拘縮)を起こします。

    さらに浮腫や冷えなどの問題も生じてくる可能性もありますので、しっかりとケアして行かなければなりません。

    筋肉の柔軟性や関節の矯正を行う事で可動域を広げていき、ご自身でもストレッチやエクササイズなどを行っていただく事でトップフォームに近づけていきます。

    また、痛みやギブスでの固定により歩き方立ち方に偏りが出てくる事も多々あります。

    腰部や背部にまでコリや痛みを抱えてしまう場合もあるので、均衡を保てる身体作りをお手伝いし、競技復帰に向けてサポートしていきます。



    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 足の痛み ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||