腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

肉離れ

0


    スポーツ障害の中でもよく耳にするのが肉離れです。

    肉離れはウォーミングアップやアフターケアを十分に行っていれば予防出来る障害です。

    しかし、焦ってしっかりと段階を踏まずに競技に復帰してしまうと再発してしまうケースが多く見られます。

    特にハムストリング大腿四頭筋腓腹筋肉離れを起こしやすいと言われています。


    その理由は・・・



    解説

    接触プレーや相手からの直接打撃などの打撲によって筋肉が損傷する"外傷"によるものではなく、動きの中で自発的に発生してしまった損傷を主に肉離れと言われています。

    ダッシュの最中やジャンプ・ステップなど運動動作時や瞬発的な動作時に受傷します。

    受傷時に『ブチッ』という音を感じることもあります。

    筋肉が縮みながら収縮する(求心性収縮)ではなく、筋肉が縮もうとしながらも伸ばされていく(遠心性収縮)の際に発生してしまう事の方が多いのが特徴です。

    痛みは鋭く、顕著な圧痛・ストレッチ痛(伸長時痛)・運動時痛(収縮時痛)を感じます。

    軽度の肉離れの場合は自覚症状がないケースもみられます。


    筋挫傷は筋膜や筋線維の一部が損傷/部分断裂している状態から完全断裂まで3段階でに分類されます。


    ※掬拌蚕
    • 筋線維のわずかな損傷
    • 局所的に痛みを感じる
    • 歩行などの動きにさほど影響は出ない
    • 筋力低下はみられない


    ※凝拌蚕
    • 多くの筋線維が断裂
    • 痛みとともに腫脹も見られる
    • 筋の収縮時に痛みが現れる
    • 痛みで動作が制限される
    • 損傷部位に陥没がみられる事もある
    • 歩行にも影響が出る
    • 筋力低下がみられる

    ※慧拌蚕
    • 筋肉の完全断裂
    • 筋腱移行部に最もみられる
    • 損傷部位に陥没がみられる
    • 歩行困難

    その中でも、掬戞銑凝戮泙任梁蚕を"肉離れ"といいます。

    慧"筋断裂"まで達すると手術を必要とするケースが大半を占めます。


    肉離れは日頃から運動している人はもちろん、普段運動していない人が久しぶりに運動した時や、横断歩道を渡ろうと走った時など日常生活でも起こり得る障害です。

     
    肉離れの好発部位
     
    • ハムストリング
    • 大腿四頭筋
    • 腓腹筋
    • 内転筋群
    • 上腕二頭筋
    • 腹直筋

    など

    急激な加速や減速を行った時に最も起こりやすく、ハムストリング大腿四頭筋腓腹筋など2つの関節をまたいだ筋肉(二関節筋)は2つの関節の影響を受けやすいため受傷するリスクが高くなります

     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    • ウォーミングアップ不足
    • 不十分な関節可動域
    • 過度の筋緊張
    • 柔軟性の低下
    • 筋力の左右差
    • 拮抗筋とのバランス
    • 疲労/オーバーユース
    • 過去にも肉離れを起こしている
    • 技術不足
    • フォーム不良
    • 神経と筋の協調性不良
    • 脊柱の機能障害
    など

     
    肉離れの好発年齢

    大学〜社会人レベルの選手に多く見られます。

     
    肉離れをを起こしやすいスポーツ
     
    • 陸上競技(特に短距離)
    • サッカー/フットサル
    • 野球
    • ソフトボール
    • バスケットボール
    • テニス
    • ラグビー
    • バドミントン
    • アメリカンフットボール
    • オーストラリアンフットボール
    など

    ダッシュ・ジャンプ・ステップ・急な方向転換などの瞬発的な動作を行うスポーツでの受傷が目立ちます。

    比較的どのスポーツでも起こり得る障害と言えます。


     
    セルフケア

    受傷直後はPRICES処置を行います。

    初期炎症症状を抑える為にしっかりと処置が行えるかどうかでその先の症状の改善具合・復帰までの期間にも影響を及ぼします。

    受傷後から48時間まではPRICES処置を徹底して行いましょう。

    歩行困難なレベルでは筋断裂の可能性もあるので早急に専門医の診察を受ける事をオススメします。


    復帰までの流れとしては、
    1. 柔軟性
    2. 筋力
    3. 全身持久力
    4. スピード
    5. 競技動作の確認
    順を追って焦らず進めていきます。

    炎症症状が落ち着いてきたら可動域を向上させる為のストレッチや筋トレなどを徐々に開始していきます。

    炎症症状が消失したらウォーキングや水中でのトレーニングなどを開始し、軽めのジョギングからランニングへと徐々に負荷を上げていきます


    肉離れ再発しやすいとよく言われています。

    日常生活で痛みが出てないから大丈夫だと思い込んでしまったり、復帰を焦ってしっかりと段階を踏んでリハビリテーションを行ってこなかった場合など、再発のリスクは高まります

    日常生活での動きと競技レベルでの動きは負荷のかかり方に雲泥の差があるので、受傷した際の動作やその競技の特異的な動きを行えるかどうかしっかり判断していく必要があります。

     
    カイロプラクティックによる施術

    上記の原因の中で
     
    • 不十分な関節可動域
    • 過度の筋緊張
    • 柔軟性の低下
    • 筋力の左右差
    • 拮抗筋とのバランス
    • 疲労/オーバーユース
    • 神経と筋の協調性不良
    • 脊柱の機能障害
    などに対してはカイロプラクティック治療によって改善・変化が期待出来ると考えられます。

    関節の矯正を行うことで関節可動域の向上や脊柱の機能改善を促します。

    関節可動域が向上する事で筋肉の使い方にも変化が期待できます。

    また、関節の矯正によって神経の働きも促進されるので、神経と筋肉の協調性も高まります

    痛めてしまった筋肉に直接アプローチするだけでなく、拮抗筋や共同筋に対しても緩和操作やストレッチを行い左右・前後・上下の筋バランスも考慮して施術を進めていきます。



    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 足の痛み ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||