腰痛・関節の痛みなどのスポーツ障害や用語を解説!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
多くのアスリートから一般の方まで
スポーツの最中で起こり得る怪我・障害を解説します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準を満たしたカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
http://www.hotkairo.com/
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)

0



    サッカーを観る方やプレーする方は一度は聞いた事があるのではないでしょうか。


    グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)


    中田英寿選手や中村俊輔選手、世界に目を向けてもジネディーヌ・ジダン選手やティエリ・アンリ選手などの超大物選手達を襲った股関節周囲(鼠径部)痛みグロインペイン症候群です。

    中村俊輔選手は2008年8月に手術を受けていたというのが記憶に新しいところです。

    グロインペイン症候群はいわばサッカー選手の職業病とも考えられてます。


    グロインペイン症候群という名は股関節・骨盤・恥骨・鼠径部における障害・病変総称として使われています。



    解説

    グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)は、
    • 恥骨結合炎
    • 内転筋腱障害
    • 腸腰筋の機能障害
    • 鼠径管後壁欠損
    • スポーツヘルニア
    • 外腹斜筋腱膜の損傷
    などの障害を総称して使われています。

    痛み恥骨周辺内転筋腸腰筋の付着部腹筋下部などに痛みを感じ始めます。

    最初は運動後のこわばり感や硬さを感じますが、徐々に軽減します。

    しかし悪化していくと運動時にも痛みを感じるようになります。


    グロインペイン症候群恥骨に対する過負荷が大きな影響を与えていると考えられています。
     
    • 股関節の可動域低下
    • 内転筋の過緊張
    • 腹筋群の過緊張
    • 腸腰筋の短縮
    • 腰椎・仙腸関節(骨盤)の機能障害
    • 腰椎・仙腸関節(骨盤)の安定性低下

    これらが恥骨に対して過剰なストレスを与え、恥骨に付着する筋肉や関係する関節の可動域などに制限を与えます。

    その問題となっている筋や関節によって痛みの発生パターンや場所が少し変わってきます。


    側方・横方向への移動や身体の捻転動作、方向転換などは内転筋由来の痛みが疑われ、キック動作や直線でのランニングなどは腸腰筋の問題を疑います。

    元々腰痛や臀部に痛みを感じていた選手の場合は、腰椎・仙腸関節(骨盤)を主とした脊柱の問題が鼠径部への痛みを引き起こしている可能性があります。


    痛みを悪化させてしまう運動・動作痛みが出ている場所既往歴などから判断しグロインペイン症候群を疑います。



     
    原因

    原因としては以下の事が考えられます。
     
    • ランニングによる過剰負荷
    • 急激な捻転や方向転換
    • キック動作

    上記の3つが多くのグロインペイン症候群の原因となる動きですが、解説でも述べたように
     
    • 股関節の可動域低下
    • 内転筋の過緊張
    • 腹筋群の過緊張
    • 腸腰筋の短縮
    • 腰椎・仙腸関節(骨盤)の機能障害
    • 腰椎・仙腸関節(骨盤)の安定性低下

    が痛みを引き起こす直接的な原因となります。


     
    グロインペイン症候群(鼠径部痛)の好発年齢

    骨や筋肉の発達が整っていない10代から選手としてピークを迎える30代まで幅広い年齢でみられます。

    近年60歳を過ぎた高齢の方でも積極的にスポーツをされています。

    このような方が初期段階の変形性関節症としてグロインペイン症候群と診断される場合も多いようです。


     
    グロインペイン症候群(鼠径部痛)を起こしやすいスポーツ
     
    • サッカー
    • オーストラリアンフットボール
    • バスケットボール
    • アメリカンフットボール
    • ラグビー
    • フィールドホッケー
    • 陸上競技(特に中・長距離)

    など、"走る" "蹴る" "急激な方向転換"などの動きを伴う競技に多く発生しますが、サッカー選手に最も多くみられるようです。



     
    セルフケア


    運動後痛みが強い場合はアイシングなどを施し、ストレッチを行います。

    アイシングの方法

    ストレッチNavi

    安静にしていると痛み治まりますが、動き出せばまた痛みが生じる場合が多いです。

    また、ストレッチを行ってもこわばりがあったり、筋緊張の改善が見られない事もしばしばみられます。

    痛みを感じない程度の幅で運動・エクササイズを行っていかなければなりません。

    無理のない範囲でのストレッチや、動かしても痛くなくなってきたらチューブトレーニングなどで筋肉の機能を取り戻し、関節可動域の向上を目指していきます。


     
    カイロプラクティックによる施術

    解説や原因の所で述べた6つの原因は、状態や程度にもよりますがカイロプラクティック治療による効果が十分期待出来るものです。

    椎・仙腸関節(骨盤)の機能障害・安定性低下が恥骨への過剰ストレスを引き起こし、痛みを発生してしまいます。

    さらに、内転筋は恥骨から大腿骨に、腸腰筋椎・骨盤から大腿骨と恥骨に付着する筋肉なので、椎・仙腸関節(骨盤)・股関節機能・安定性を取り戻す必要があります。

    椎・骨盤部の安定性を改善させる事を目的に、椎・仙腸関節(骨盤)・股関節を中心に矯正を主としたカイロプラクティック治療を行います。

    内転筋腸腰筋・腹直筋は過緊張や短縮を起こしているので、緩和操作やストレッチなどを行い恥骨にかかる過剰ストレスを取り除きます。




    〜注意〜
    施術方法やアドバイスの内容等は各カイロプラクティック治療院で異なる場合がございます。
    ここに記したものは一例ですので、お困りの方は一度直接お近くのカイロプラクティック治療院に足をお運び下さい。
    港区田町三田エリアにある国際基準のカイロプラクティック治療



    || 関節の痛み(股関節の痛み) ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ



    コラボフットサルクリニックの詳細・お申し込みはHOT Chiro田町HPへ
    フットサルクリニック【シュートの鬼】



    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||